フリーからネットワークエンジニアへ

IT業界の中でもネットワークに関わる技術は社会基盤の中心となっており、まさに進展を続けている業界になります。
ビジネス界において、積極的にその活用が行われるようになってきていることもあって、ネットワークエンジニアはIT企業だけでなく、一般企業においても高い需要があります。

それに応じて求職者としてもネットワーク技術を身につけて就職を図る人が増えてきており、徐々に競争率が高まっていく傾向があります。
特に、システムエンジニアのキャリアパスの1つとして、IT業界での指導者としてのキャリアを進まずに一般企業で活躍することを目指す際には人気のある道筋となっています。

そういった状況下において転職の際の競争に打ち勝つためには、業績を高めておくことが重要になります。
一般企業においても独自のネットワークシステムを導入することが増えてきており、その開発から導入、運用や保守に至るまでを担ってくれるネットワークエンジニアを雇用したいと考えることが多いからです。
そのため、システムエンジニアとして同種の業務に携わり、プロジェクトの成功に寄与してきた業績があるかどうかということが大きく評価されるのです。

そういった業績という面では、フリーエンジニアが有力にもなります。
フリーエンジニアは、システムエンジニアとして必要なヒアリングから開発、運用からメンテナンスに至るまで全てを経験していることが多く、需要の高いネットワーク関連の開発経験がある人であれば即戦力として開発に携われる可能性が高いからなのです。

ネットワークエンジニアとして働くことについて理解を深めたい方はこちら!【転職志向者集合!ネットワークエンジニアになるには

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です